HDD復旧料金と納期を説明します。当社サービスの料金と納期(復旧日数)をお知りになりたい方は、こちらのページをご覧ください。基本料金の料金表だけでなく、症状別の費用事例もご用意しました。

HDD復旧の料金と、復旧日数のご案内。

基本的な料金表と症状別の費用事例の2つがありますので、見比べていただきますと分かりやすいと思います。

  1. HDD復旧の料金表
  2. 症状別の費用事例

1.HDD復旧の料金表

  • 論理障害:データが破損しているが、物理的には破損がない状態。
  • 物理障害:物理的にディスクなどの部品が破損している状態。
データ復旧料金の目安(消費税別)
容量 論理障害の場合 軽度・中度障害の場合 重度障害の場合
~500GB 19,800 ~ 39,800円 29,800 ~ 49,800円

別途お見積り
※要診断

~1TB 29,800 ~ 49,800円 39,800 ~ 59,800円
~2TB 39,800 ~ 59,800円 49,800 ~ 69,800円
3TB~ 別途お見積り 別途お見積り
復旧日数 2~3日(1日で完了する特急サービスもございます)

★障害の程度…弊社にて判断いたしますので、詳しくはお問い合わせください。
ご参考 >> 障害の程度を自分で診断するには?

  • 注1)上記の費用や日数は、標準的な場合です。(状態により変動いたします)
  • 注2)重度障害と思われる場合は、診断次第となります。(重度も他社よりお安いですよ)
  • 次の場合は、別途お見積りとなります。
    check diskを実施、暗号化使用、水没品、落下品、一度開封されたHDD。

超特急サービス

超特急サービスとは、最短で当日中にデータ復旧を行うサービスです。(ほとんどの場合、受付日から1~2日程度。)

⇒ 詳しくは、超特急サービスのページをご覧ください。

 

2.症状別の費用事例

-症状別の費用事例(消費税別)-
HDDの概要 症状 診断結果 費用 復旧日数
Hitachi 500GB パソコンの電源が入らない。 軽度物理障害 30,000円
SAMSUNG 1TB 外付けHDDが認識しない。 軽度物理障害 30,000円 5時間
Seagate 1TB Windows7が起動しない。 中度物理障害 40,000円
TOSHIBA 1TB 巡回冗長検査CRCエラーが発生。 中度物理障害 50,000円
WesternDigital 1TB HDDが認識しない。(ブルースクリーンになった) 中度物理障害 60,000円 3日

⇒ 詳しくは、症状別復旧の参考価格をご覧ください。

注意:
あくまでも参考費用です。同じ症状でも障害の程度が違う場合がしばしばありますので、診断をお受けいただかないと、費用がはっきりしません。

 

以上、料金と納期の一覧でした。ご参考になりましたら幸いです。

 

 

データ復旧会社選びのポイント

探されているものは、大きく3つで、「復旧料金はいくらなのか?」、「その会社で、復旧出来るのか?」、「セキュリティ面は安全なのか?」ではないでしょうか?

復旧料金はいくらなのか?

広告費を沢山かけている会社の復旧料金は構造上、単価が跳ね上がります
逆に広告費をかけてなく経費が少ない会社の復旧料金は構造上、単価は低くなります
広告費などが多い復旧会社ほど、復旧料金が高額なことがわかります。

・大手は高額な復旧料金であることが多い。
・中堅もある程度の高額な復旧料金を覚悟しなければならない。
小規模の復旧料金は、少額なことが多い

その会社で、復旧出来るのか?

探している復旧会社が、復旧設備(PC-3000)を持っているかも重要です。
つまり復旧設備(PC-3000)とHDDの分解技術を持っているかにあります。
重度障害に対応している復旧会社は本当に少ないです。

セキュリティ面は安全なのか?

障害が発生したHDDなどを復旧会社に預ける訳ですから、預けた復旧会社でのデータの取り扱いは安全なのか、データの流失などはないかが心配になります。
復旧できたデータの外部流失を防止する対策や秘密保持契約書の締結が可能なのかなどが大きな問題となります。

ファーストリカバリーの復旧料金はいくらなのか?

大手復旧会社での復旧料金は、概ね高額になっているようです。20~50万円は当たり前のようです。
ファーストリカバリーは広告費をほとんどかけていませんので、復旧料金への上乗せはありません
ファーストリカバリーの復旧費用は、1~2万円で復旧出来る料金ではありませんが、それでも低価格・格安な復旧料金体系になっています

弊社は大手復旧会社さんと比べますと、格段に復旧料金が安いです。これは、人件費や広告費などの経費を可能な限りカットし、料金を安く抑えているからです。

現在のデータ復旧業界では、料金が安い=技術力がないと見られがちです。しかし、当社は高度な復旧技術がある会社です。
そして、お客様には可能な限り低価格で高品質なデータ復旧サービスを提供したいと考えております。


何故、料金の幅を設定しているかと言いますと障害内容が軽かった方には、お安く復旧したいことからであります。

ファーストリカバリーの復旧技術面のご紹介

ファーストリカバリーの復旧技術面のご紹介しましょう。
設備面では、復旧設備のPC-3000 Express with Data Extractor Expressを導入しています。
HDDを分解して復旧する重度障害にも対応しているので、どんな障害レベルでも対応可能です。
つまり論理障害、中度障害、重度障害に対応していて、Windows、Macintosh、Linuxなど 全てのOSに対応しています。
RAIDの全ての種類に対応しており、RAIDの台数も10台の復旧実績があります。
Serverの復旧では、RAIDの台数も14台の復旧実績があります。

 

ファーストリカバリーのセキュリティ対策

ファーストリカバリーのデータ復旧業務をおこなうにあたり、お客様の大切なデータを取り扱いますので、従業員が情報セキュリティポリシーを厳守し、日々信頼性向上に取り組んでおります。
ファーストリカバリーでは一部上場企業数社と機密保持契約書を取り交わし、緊急のデータ復旧でも情報セキュリティ上問題なく、安全にデータ復旧サービスを実施しております。

当社は以下のとおり、セキュリティ対策を講じており、セキュリティ事故の未然防止に努めています。

・ご希望の方には、機密保持契約書の取り交わしが可能
・入退室は、入退室日時の記録で厳重なセキュリティ管理
・データの漏洩を防ぐため適正に管理
・お客様のHDDデータは、保管期限(7日)経過後、速やかに完全データ抹消を実施

 

なぜ、何社もの診断は避けるべきなのか?

最後に、ぜひ知っておいていただきたいことをお話しします。それは、何社もの診断は避けて、良い復旧会社1社に絞るべきである点です。なぜなら、弱ったHDDは通電のたびに症状が悪化する恐れがあるからです。したがって、何社も渡り歩いて診断を受けることは、極力避けるべきなのです。

  1. 1社目で通電しHDDを診断(この時点では中度障害)
  2. 2社目で通電しHDDを診断するも認識しない(重度障害)
  3. 以降、3社目4社目と認識しない。(どの会社でも重度障害と認定)

このように、もともと中度障害だったHDDが2社目以降で認識しなくなり重度障害と診断されます。すると、どこの復旧会社でも重度障害という診断になり、高額な費用になることが予想されます。ほとんどの業者では、中度と重度の復旧費用が全く違うのです。

当然、重度障害の復旧費用は、10万円を超える会社が多いでしょう。したがって、安い会社を探して「はしご」するようなことは避けるべきなのです。かえって費用がかさむばかりか、最悪の場合データ復旧が不可能になるかもしれません。

極端に安い会社を避けるべき理由とは?

仮に、1万円で復旧します(1万円以下もあるかもしれませんが)という会社をネットで見つけたとします。ですが、決して極端に安い会社はお勧めしません。なぜなら、専用設備を導入していない可能性が極めて高いからです。専用設備を導入していたら、とてもではないですが採算が取れません。

もし、どうしても気になるなら、その会社がどのような方法で復旧しているのか調べてください。目安としては、復旧設備(PC-3000)を使用しているのかです。復旧設備のPC-3000は優れもので、BIOSで認識しないHDDも認識することが多いからです。繰り返しますが、ポイントはPC-3000分解技術ですよ。

ご参考までに実際の例をご紹介しておきます。ある方が、1万円のような極端に安い会社に依頼したところ、認識しなく復旧不可で返却となり、その後に弊社へ依頼された結果、初期診断で重度障害と認定されました。その業者はおそらく専用設備がないために、悪化させてしまったのでしょう。
その神奈川の会社で約2ヶ月かかって出来なかったのが、弊社では翌日に復旧出来て、お客様大喜びでした⇒お客様の声 速報ページ 神奈川県 個人S様

※格安の弊社でも、重度障害の場合は少額ながら高額にならざるを得ません。

これが、極端に安い会社を避けるべき理由です。このような事態を招かないためにも、よく熟慮されて復旧会社をお選びください。まずは、電話で問い合わせをしてみるべきです。それだけでも、業者を見抜く有効な方法になりますから。

最近の情報としまして、定額料金や固定料金の復旧会社に依頼されて復旧出来なかった方がけっこうおられました
それは、出来なかったのは中度障害の難しいものであったり、「重度障害は対応してなく提携業者に回します」とのことです。
HDDが認識していませんでしたら、軽々しく安い会社を選択すべきではないと思います

 


※2008年に個人事業主からスタートし、2013年より法人となりました。

悪徳業者に絶対、引っかからないでください!

データ復旧業者の中には、「悪徳業者」と呼ばれるような業者が現実に存在しています
復旧費用が高額のようですのでご注意ください
お問合せいただき、ご依頼された方から、そのような高額見積をされた業者の情報をいただいております
悪徳業者ではないものの、高額見積は、個人様、法人様におかれましても大変なことです。
どこの業者かは営業妨害になりますので、お教え出来ませんが、問合せ時も巧みに料金を低いように見せかけているようですので、ご注意ください

 

 

HDD復旧お客様の声復旧実績