障害が発生してしまいましたので、解決方法を探しましょう
決して、慌てないでください

HDDが認識しない

Windowsパソコンも、Macintoshパソコンも、使用していて急にパソコンが認識しなくなることがあります。 また、外付けハードディスク(以下、HDDという)も認識しなくなったりします。
認識しないHDDからの復旧は、どうすればよいのか説明します。

Windows

内蔵HDDをBIOSで確認してみる電源を入れて直ぐ、Deleteキー、F2キー、F10キーなどを押して、BIOS画面に入ります。
詳しくは、各メーカーのマニュアルでご確認ください。
認識しない場合は、SATAのポートを変えて、再確認してみます。

外付けHDDが認識しない時の確認方法
外付けHDDを分解してHDDを取り出し、違う外付けケースにセットし、マイコンピュータでを開いても認識しない場合、「管理」→「ディスクの管理」で確認します。
違うケースで認識する場合は、これまで使っていた外付けケースに問題があり、ご自分で復旧の可能性があります
ここでHDDが認識しない場合は、HDDが物理的障害が発生しています。HDDが認識していて、ディスクの管理で、パーティションなどが表示されていても、HDDにセクタ不良などによりデータをバックアップ出来ないこともあります。

BIOSで認識していなかったらどうすればよいのか?

結論から申し上げますと、BIOSで認識しなくなったHDDは、一般の方ではHDDを認識させることは不可能に近いと思います。したがって、専門業者へ復旧の依頼を行ってください。それが一番確実な方法だといえます。ちなみに、ネットで見つかる個人での復旧方法は決してお勧めいたしません。嘘が多いです。

なぜ、自分で基板交換してはいけないのか?

ネット検索しますと、「基板交換すればよい」とか様々な情報が見つかります。「もちろん同型のHDDの基板を使って交換してください」なんて注意書きも添えられていますが、まったくお勧めできません。なぜなら、HDDと基板にはHDDを管理する、「サービスエリア領域」というものが存在するからです。

このサービスエリア領域は、HDDのプラッタ(円板)と基板のチィップ内にそのHDDの管理情報を記録しています。違うHDDの基板を使って交換してしまうと、サービスエリア領域の情報が書き換えられて、永遠に復旧できなくなる可能性があるんです。 ⇒かなりのペナルティになります。

そもそも何故基板に障害があるか、ということが一般の方には検証することが不可能に近く、推測でやるしかありません。本来はきちんとした復旧設備のもとでHDDのどこに障害があるのかを特定してから作業を進めませんと、HDDの復旧はうまくいかないのです。

それでもあなたは、ネットの情報を信じて実際に基板を交換されますか

このような理由がありますので、BIOSで認識しないHDDの復旧は専門業者に任せるべきなのです。ご理解いただけましたでしょうか。

・諦めるのも、1つの方法です。

※復旧設備…業者が使う「PC-3000」など、HDD復旧の専用設備のこと。

Macintosh

外付けHDDを接続してもマウントされない場合は、Finderを開き、「アプリケーション」→「ユーティリティ」→「ディスクユーティリティ」で確認します。
HDDが認識しない場合、HDDが物理的に故障していることが高いため、電源を切ってください。パーティションなどが表示されていても、HDDにセクタ不良などによりデータをバックアップ出来ないこともあります。

復旧方法と注意点

HDDが認識している場合は、ご自分で復旧の可能性があります復旧ソフトなどでお試しください。
※長時間スキャンするタイプの復旧ソフトはおすすめ出来ません。

認識していて、データをバックアップ中にスピードが遅い場合、セクタ不良による読込エラーなどが考えられます。データ復旧会社に依頼することをおすすめます。

HDDが認識しなかった場合は、データ復旧会社に依頼することになります。
ご自分で復旧は、不可能で、何回も電源を入り切りしますと重度障害に至ることもございます。

 

わかりやすい言葉でたとえますと、次のようになります。

1本のロープがあったとします参考の画像のように、もうちょっとで切れそうですね
この状態では、一般の方には、パソコンで認識させることすら不可能と思います。
ご自分で何とか認識させようと何回も電源を入れたり、切ったりしているうちに、このロープが切れてしまいます
ロープが切れたら、弊社の復旧設備でも認識しなくなります
重度障害になってしまい、ヘッドなどを交換しますとハードディスクは認識に至ります
復旧設備で認識してしまえば、復旧設備でイメージの作成が終了できれば、ほぼ復旧できたとことになります。

このロープにたとえた説明をご覧いただければおわかりだと思いますが、現在のハードディスクの状態を保持されて、復旧会社にお願いしませんと、復旧が難しいのです。

個人様や会社の情報システム部様などでは、復旧設備が無い限り、100%無理と言えます。

 

データ復旧は、ワンチャンスです。

何社もの診断は避けて、良い復旧会社1社に絞るべきである点です。
なぜなら、弱ったHDDは通電のたびに症状が悪化する恐れがあるからです。したがって、何社も渡り歩いて診断を受けることは、極力避けるべきなのです。

  1. 1社目で通電しHDDを診断(この時点では中度障害)
  2. 2社目で通電しHDDを診断するも認識しない(重度障害)
  3. 以降、3社目4社目と認識しない。(どの会社でも重度障害と認定)

このように、もともと中度障害だったHDDが2社目以降で認識しなくなり重度障害と診断されます。すると、どこの復旧会社でも重度障害という診断になり、高額な費用になることが予想されます。ほとんどの業者では、中度と重度の復旧費用が全く違うのです。

当然、重度障害の復旧費用は、10万円を超える会社が多いでしょう。したがって、安い会社を探して「はしご」するようなことは避けるべきなのです。かえって費用がかさむばかりか、最悪の場合データ復旧が不可能になるかもしれません。

復旧作業

弊社の初期診断や復旧作業を簡単にご紹介します。

初期診断

HDDのどこに問題があるのか復旧専用機(PC3000)で診断作業を実施します。HDD内部のパーツ交換が必要な場合、パーツ交換をおこないます。サービスエリア領域に障害があった場合は、障害の修復作業をおこないます。ここで、HDDが認識した場合は、イメージ作成作業に移ります。

イメージ作成

ヘッド交換をおこなっても、プラッタの状態が悪いとヘッドがすぐに破損してしまいます。復旧専用機(PC3000)で、障害HDDから作業用HDDへ、セクタ単位でのイメージ作成作業をおこないます。この際、セクタ不良などの状態が悪い部分は、コピーされません。

PC-3000 Express with Data Extractor Express

 

論理領域の解析とデータ抽出作業

作成したイメージから、論理領域の解析して、データ抽出作業をおこないます。
お客様のデータが生きているかオープン確認を実施します。
ここでやっと、お客様に復旧結果の報告が出来ます。お客様は、復旧したデータをリスト化したものなどでご確認いていただきます。

 

HDD復旧の事例を、ほんの一部ですがご紹介します。

●事例1

HDDメーカー HITACHI Interface 2.5SATA
HDD型番 HTS545025B9SA00 容量/構成台数 250GB
症状 Let’s note R7で使用中、起動不能になった。
結果 復旧結果…全データ(約16.52GB)の復旧に成功。
復旧期間…作業開始より約8時間で復旧完了。

●事例2

機種名 LinkStation 型番 LS-H500GL
HDDメーカー
型番
HITACHI/
HDP725050GLA360
Interface
容量
3.5SATA/500GB
症状 LS-H500GLがネットワーク、
からアクセス出来なくなった。
結果 復旧結果…全データ(約260.72GB)の復旧に成功。
復旧期間…作業開始より約48時間で復旧完了。

●事例3

機種名 LANDISK 型番 HDL-XV4.0
HDDメーカー Seagate RAIDレベル RAID6
HDD型番 ST1000DM003 容量/構成台数 1TB×4台
症状/診断結果 LANDISKの中には、社内のデータ、重要資料が入っていて困った。/ ディスク#2,#3に不良セクタの修復が必要であることを確認。
結果 復旧結果…全データ(約717.78GB)の復旧に成功。
復旧期間…受付より24時間で復旧納品。(特急サービスご利用)

HDD復旧の事例を、ほんの一部ですがご紹介します。

対象機器のサンプル画像
HITACHI・Interface・2.5SATA
型番:HTS545025B9SA00
容量:250GB

【症 状】
LS-H500GLがネットワークからアクセス出来なくなった。
【結 果】
復旧結果…全データ(約16.52GB)の復旧に成功。
復旧期間…作業開始より約8時間で復旧完了。

対象機器のサンプル画像
LinkStation・LS-H500GL
HDD型番:HITACHI・HDP725050GLA360
Interface容量:3.5SATA/500GB

【症 状】
LS-H500GLがネットワークからアクセス出来なくなった。
【結 果】
復旧結果…全データ(約260.72GB)の復旧に成功。
復旧期間…作業開始より約48時間で復旧完了。

対象機器のサンプル画像
LANDISK・HDL-XV4.0
HDDメーカー:Seagate・RAIDレベル・RAID6
HDD型番:ST1000DM003
容量/構成台数:1TB×4台
【症 状・診断結果】
LANDISKの中には、社内のデータ、重要資料が入っていて困った。/ ディスク#2,#3に不良セクタの修復が必要であることを確認。
【結 果】
復旧結果…全データ(約717.78GB)の復旧に成功。
復旧期間…受付より24時間で復旧納品。(特急サービスご利用)