HDDに障害が発生し、お困りの方へ

前提:HDDが全く認識しなくなったのではなく、認識しているが何々出来ない場合のことです

・最近、パソコンが重くなり、動作が遅くなった。

・一部のフォルダが開けず、困っている。

・フォルダやファイルをコピーしようとしたら、CRCエラーと警告が出て、コピーできない。

・起動時にチェックディスクをかけてよいか、確認してくる。

 

HDDが上記のように、おかしくなられた方(障害が発生した方)は、どのようなアクションを取られているのでしょうか?

・チェックディスクが良いとネットに記事があったので、チェックディスクをかけた
 どのようなことをされたか伺いましたところ、
 CHKDSK /Fを実行しましたところ、多くのフォルダが消えてしまい、
 他のフォルダも開けなくなりました

 

チェックディスク(CHKDSK)の実行は注意が必要

チェックディスクの実行は、HDDに対して良くないので、回復や修復は実行しない

 

「chkdsk」は誤解を招きやすいプログラムでもあります
「chkdsk」は、ハードディスクのエラーをチェックするためのプログラムではなくハードディスクのエラーを修復するプログラムでもありません

「chkdsk」は、ファイルシステムのエラーをチェックし、修復するためのプログラムです
従って、「chkdsk」がチェックして修復する対象は、あくまでもソフトウェア的なものであり決してハードウェア的なものではないのです

これは、そもそも「chkdsk」の役割とは、
異常の可能性があるWindowsのファイルシステムをチェックし、修正するためのものだからです

従って、ハードディスクにエラーがあるかどうかを調べるために「chkdsk」を走らせるというのは、
誤った使用方法であると言ってもいいかもしれません
例えば、既にそのパーティションのファイルシステムで管理されているセクタエラーについては、 「chkdsk」を実行しても無視され、そのまま終了します

これでおわかりだと思いますが、チェックディスクを実行されても、HDDにとって良いことはないのです

 

ご自分で、チェックディスクを実行しなくても、パソコン起動時に勝手にチェックディスクが実行される場合があります

本当の意味でのチェックディスクの怖さとは?

自分が何も実行していないのに、HDDのセクタ異常があるとWindowsは自分の身を守るためにチェックディスクを勝手に実行させてしまうのです。
勝手にチェックディスクが実行された結果、どうなるかというと、フォルダツリーの直下にFOUND.000などのフォルダが勝手に出来てしまいます。
FOUND.000の日付時刻を見るといつ出来たものかわかります。

事例1

ご依頼のお客様の障害HDDから、PC-3000でイメージを作成した結果、次の画像のようにFOUND.000だけで、他のフォルダやファイルは全て消失していました
我ながら、チェックディスクの恐ろしさに驚きを隠せませんでした

でも、復旧作業で、無事、データを復旧することが出来ましたが、一部消失したデータの可能性も考えられます。

事例2

ご依頼のお客様の障害HDDから、PC-3000でイメージを作成した結果、次の画像のようにFOUND.000~FOUND.005が発生しておりました
このお客様の場合、2013年4月頃に外付けHDDが調子が悪かったとのこと、しばらくしてから普通に使えたので、使用して、2018年2月始めに認識しなくなり、依頼に至りました。

2013年4月頃に外付けHDDが調子が悪かったときに、ご自分でFOUND.000を発見出来ていれば、その時にバックアップを実施していれば、ことは大きくならずに済むと考えます

チェックディスクの恐ろしさ

2つの事例を見ていただきましたとおり、如何にチェックディスクが恐ろしいものなのかおわかりになられたと思います。

ここをご覧になられた方に是非、覚えておいてほしいこと。

1.FOUND.000が発生しているHDDはお使いにならないでください。
FOUND.000などがフォルダツリーに出来ていたら、即、別のHDDにデータをバックアップしてください。
決して、そのHDDをお使いになってはいけません。後に痛い目に遭います。

2.ご自分で、CHKDSKコマンドやデフラグは実行させないでください。
ご自分でCHKDSK /Fなどを実行されて結果が滅茶苦茶なられた方をよくみかけます。
現在のOSでは、デフラグを実行する必要はございません。HDDの障害のある箇所をデフラグが掛かったためにHDDが認識しなくなったことの依頼もございます。

パソコンの動きがおそくなりましたら、90%方、HDDに問題が起きていることが多いです。重要なデータをバックアップされることをお勧めします

元々、HDDは修理が不可能なものとお考えください。

よく、弊社(ファーストリカバリー)へのお問い合わせで、HDDの修理は出来ますか?というご質問がございます。

修理(Repair)は出来ないのですとご回答しております。

「修理」という言葉を使用しますと、法律的にも問題で、「HDDが元通りに直っていくことに捉えられてしまいます

データ復旧会社の中には、「HDD修理」と言っている業者もございます。

決して、HDDをどんな方法を実行したとしても、元のように回復することはございません

それよりも、データをバックアップして、そのHDDはお使いになられないことです

HDDは消耗品と捉えてください。かなりHDD単体費用もお安くなり、障害が発生しましたら、新しいHDDに交換されることをお勧めします。

日本人は、現在使用しているものをなんとか修理でもして使いたい気持ちになります(私も同じです)が、HDDの場合は修理出来ませんので、ご注意を!!

 

お客様がこのような障害にあわれないように!!

そのために、このような記事を作成してホームページに掲載して、一人でも多くの方に見ていただき、ご自分で解決出来ることを祈っております

お客様におかれましては、不意の出費になりますので、少しでもお役に立てればと常日頃から考えております。
まだ軽度障害でしたら、復旧費用をお安く出来る可能性がございます。何かお困りのことがございましたら、是非、ご相談してください

 

また、弊社では、もちろんHDDの復旧の依頼を承っております。

大変リーズナブルな価格で復旧サービスを提供しております。

もし、ご自分で復旧するのが不安な方、パソコンについてあまり詳しくない方などいらっしゃったら、

無料相談も行っておりますので是非ご利用ください。 

TEL:0120-8414-29

URL:https://www.1st-recovery.jp/

 

弊社では、専門の復旧設備PC-3000を使用していて、様々な高度な復旧まで対応しております。

HDD、RAIDなどのデータ復旧実績多数
データ復旧に関することなら、親身になりご相談をおこなっています。
お気軽にご相談ください。


top-014
お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

都道府県・市区
(都道府県と市区までの住所でかまいません。)

障害発生のメディア情報

障害内容・ご相談内容 (必須)


この記事を読まれた方で、ご質問のある方は、ご遠慮なく、ファーストリカバリー(0120-8414-29)までお問合せ下さい。