HDDに障害が発生し、お困りの方へ

前提:HDDが全く認識しなくなったのではなく、認識しているが何々出来ない場合のことです。

・最近、パソコンが重くなり動作が遅くなった

一部のフォルダが開けず、困っている

フォルダやファイルをコピーしようとしたらCRCエラーと警告が出て、コピーできない

起動時にチェックディスクをかけてよいか、確認してくる

HDD復旧作業の内容から紐解きます。

それでは、HDD復旧作業の内容から紐解いていきましょう。

HDD復旧作業とは?

HDDの復旧作業とは、障害の発生したHDDからデータを取り出す作業です。基本的にそれ以上のことはできません。つまり、HDDを修理するわけではないのです。確かに、一時的に部品交換などを行いデータの取り出しを行うことはあるのですがやはり厳密には修理ではないのです

それならば、「HDD復旧」という言葉を使うのはまずいのでは? と思われる方もいらっしゃると思います。しかし、多くの方は修理が可能であると考えて、このようなワードで検索します。まず、見つけてもらわないとどうにもならないので、便宜上「HDD復旧」を名乗っております。

結論:HDDは修理できない?

先にお話ししたとおり、HDDは修理ができません。なぜなら、もともと修理ができるように設計されておらず、基本的には使い捨てだからです。HDDはきわめて精密にできており、密閉状態で使用することを前提とした設計になっています。したがって、HDDは一度開封してしまうと、その後必ず不調になります

このような理由から一時的に修理することはあっても、それはデータを取り出すための緊急措置であり、そのまま継続して使用できるものではないのです。

HDDの修理が出来ないことを紐解いていきましょう。

チェックディスク(chkdsk)とは?

「chkdsk」は、ファイルシステムのエラーをチェックし、修復するためのプログラムです。

チェックディスク(CHKDSK)の実行は注意が必要

チェックディスクの実行は、HDDに対して良くないので、回復や修復は実行しない

従って、「chkdsk」がチェックして修復する対象は、あくまでもソフトウェア的なものであり、決してハードウェア的なものではないのです。

これは、そもそも「chkdsk」の役割とは
異常の可能性があるWindowsのファイルシステムをチェックし、修正するためのものだからです。

従って、ハードディスクにエラーがあるかどうかを調べるために「chkdsk」を走らせるというのは、
誤った使用方法であると言ってもいいかもしれません

例えば、既にそのパーティションのファイルシステムで管理されているセクタエラーについては、 「chkdsk」を実行しても無視され、そのまま終了します

これでおわかりだと思いますが、チェックディスクを実行されても、HDDにとって良いことはないのです

本当の意味でのチェックディスクの怖さとは?

自分が何も実行していないのに、HDDのセクタ異常があるとWindowsは自分の身を守るためにチェックディスクを勝手に実行させてしまうのです。
勝手にチェックディスクが実行された結果、どうなるかというと、フォルダツリーの直下にFOUND.000などのフォルダが勝手に出来てしまいます
FOUND.000の日付時刻を見るといつ出来たものかわかります。

怖さの事例

ご依頼のお客様の障害HDDから、PC-3000でイメージを作成した結果、次の画像のようにFOUND.000~FOUND.005が発生しておりました
このお客様の場合、2013年4月頃に外付けHDDが調子が悪かったとのこと、しばらくしてから普通に使えたので、使用して、2018年2月始めに認識しなくなり、依頼に至りました。

2013年4月頃に外付けHDDが調子が悪かったときに、ご自分でFOUND.000を発見出来ていれば、その時にバックアップを実施していれば、ことは大きくならずに済むと考えます。

チェックディスクの恐ろしさ

事例を見ていただきましたとおり、如何にチェックディスクが恐ろしいものなのかおわかりになられたと思います。

ここをご覧になられた方に是非、覚えておいてほしいこと。

1.FOUND.000が発生しているHDDはお使いにならないでください
FOUND.000などがフォルダツリーに出来ていたら、即、別のHDDにデータをバックアップしてください
決して、そのHDDをお使いになってはいけません。後に痛い目に遭います

2.ご自分で、CHKDSKコマンドやデフラグは実行させないでください
ご自分でCHKDSK /Fなどを実行されて結果が滅茶苦茶なられた方をよくみかけます。
現在のOSでは、デフラグを実行する必要はございません。HDDの障害のある箇所をデフラグが掛かったためにHDDが認識しなくなったことの依頼もございます。

パソコンの動きがおそくなりましたら90%方、HDDに問題が起きていることが多いです。重要なデータをバックアップされることをお勧めします

元々、HDDは修理が不可能なものとお考えください

よく、弊社(ファーストリカバリー)へのお問い合わせで、HDDの修理は出来ますか?というご質問がございます。

修理(Repair)は出来ないのです、とご回答しております。

「修理」という言葉を使用しますと、法律的にも問題で、「HDDが元通りに直っていく」ことに捉えられてしまいます。

データ復旧会社の中には、「HDD修理」と言っている業者もございます。 決して、HDDをどんな方法を実行したとしても、元のように回復することはございません

それよりも、データをバックアップして、そのHDDはお使いになられないことです。 HDDは消耗品と捉えてください。かなりHDD単体費用もお安くなり、障害が発生しましたら、新しいHDDに交換されることをお勧めします。

日本人は、現在使用しているものをなんとか修理でもして使いたい気持ちになります(私も同じです)が、HDDの場合は修理出来ませんので、ご注意を!!

お客様がこのような障害にあわれないように!!

そのために、このような記事を作成してホームページに掲載して、一人でも多くの方に見ていただき、ご自分で解決出来ることを祈っております。

お客様におかれましては、不意の出費になりますので、少しでもお役に立てればと常日頃から考えております。
まだ軽度障害でしたら、復旧費用をお安く出来る可能性がございます。何かお困りのことがございましたら、是非、ご相談してください。

 

データ復旧とは?

データ復旧サービスとは、パソコンなどの動作機能を回復させることが目的ではなく、高度な技術と設備や手法を用い、メディア内部に保存されていたデータを取り出すことを目的にしています。

分解し内部の調査・分析して復旧作業を実施しますので、復旧作業後のパソコンや外付けハードディスクなどは機能しない場合もございます。 メーカーの保証期間内であった場合、メーカー保証対象外となる場合もありますので、パソコンなどの修理を優先するか、データ復旧を優先するのかを決定上で、サービスを受ける必要があります。

ハードディスクでは、簡単に言いますと、精密性のため部品の修理が出来ないためハードディスク自体の修理をおこなうことは出来ません。各ハードディスクメーカーも修理を前提とした製造方法は採用しておりません。 そのためハードディスクが故障した場合は、新品のハードディスクと交換することが一般的です。

以上、HDDの修理は不可能なことについて説明させていただきました。少しでもお役立ていただければ何よりです。

 

 

ファーストリカバリーの復旧費用は

大手復旧会社の復旧費用は、概ね100,000円程度の料金です。
ファーストリカバリーは、HDD論理障害30,000円~HDD中度障害30,000円~驚くほど低価格な復旧料金を実現しています。 大手復元会社では多くの利用者の為にさまざまな広告費をかけていますが、当社は無駄な広告費は可能な限りカットし、料金を安く抑える努力をしております。

 

弊社ファーストリカバリーでは、HDD障害、NAS復旧、RAID復旧、サーバ復旧などからの、HDD復旧を承っております。症状を悪化させないためにも、できるだけ早くご相談ください。 お急ぎの方はこちらへ ⇒ TEL:0120-8414-29

★HDD復旧について、こちらで詳しく説明しています。
HDDの症状復旧費用復旧実績お客様の声お申し込み方法、などが分かります。)

HDD復旧

 

※お問い合わせ後のご依頼の流れはこちら ⇒ サービスの流れ

 

最後に、代表取締役の堀川孝志から、一言。

お客様は、先ず、お悩みのことを相談することから始めませんか?
ファーストリカバリーは、お客様の身になってご相談にお応えいたします。
お客様とお会いできる日を心よりお待ち申し上げております。

最後に、復旧が完了した時の「またお客様の笑顔が見られる」ことは嬉しいことです。

 

お問い合わせはこちら

HDDなどに障害があっても、復旧できる場合が多いです。

あれこれお悩みのあなた、まずは専門家に相談してみてみませんか? その悩みは、もしかしたら簡単に解決できるかもしれません。(もちろん初期診断とお見積のご依頼は、無料です。)

メールによるご相談はこちらです。

メール相談は、お急ぎでない方のみご利用ください。(メールですと、ご連絡が遅れる場合がございます。)

フォームにご相談したい内容をご入力いただき、ボタンをクリックしてください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

都道府県・市区
(都道府県と市区までの住所でかまいません。)

障害発生のメディア情報
  

障害内容・ご相談内容 (必須)