BIOSで認識しないHDDからの復旧はどうするの?

送料無料キャンペーン実施中

BIOSで認識しない

 

BIOSで認識しないHDDからの復旧は、どうすればよいのか説明します。対象者は、パソコンの電源が入るもののOSが起動しない方、HDDがパソコンで認識されない方です。HDDの診断方法から対処方法までわかりやすく解説しています。

パソコンの電源は入るのに、Windowsが全然立ち上がってくれない?

パソコンの電源は入るのに、Windowsが全然立ち上がってくれない」なぁんてこと、経験された方もあるかと思います。こういったときはとても不安で、動揺してしまいますよね。でもそこは何とか冷静になってどうしたら自分で復旧できるのか考えてみましょう

最初にしなければならないことは、HDDがパソコンのBIOS(システム画面)で「認識しているか? 認識していないか?」のどちらなのかを確認することです。

BIOSで認識しているのであれば、以下のようにしてみます

  1. パソコンからHDDを取り外し
  2. 外付けドライブケースに入れて
  3. 違うパソコンに接続する

これで認識するなら、復旧は可能です。(外付けドライブケースは別途ご用意ください。)

起動しないのはWindowsに問題があるからです。したがって、データをバックアップしてから、Windowsの再インストールを実施すれば良いのです。

くれぐれも、障害のあったHDDへは、絶対にデータをバックアップしないでくださいね

BIOSで認識していなかったらどうすればよいのか?

違うパソコンのSATAポートに直接接続してBIOSで認識しているか確認します
くれぐれも何回も実施しますと悪化傾向をたどりますので、自己責任でお願いします

復旧方法と注意点

HDDが認識している場合は、ご自分で復旧の可能性があります復旧ソフトなどでお試しください。
長時間スキャンするタイプの復旧ソフトはおすすめ出来ません

認識していて、データをバックアップ中にスピードが遅い場合、セクタ不良による読込エラーなどが考えられます。

ネットで見つかる個人での復旧方法は決してお勧めいたしません

ネット検索しますと、「基板交換すればよい」とか様々な情報が見つかります。「もちろん同型のHDDの基板を使って交換してください」なんて注意書きも添えられていますが、まったくお勧めできません。なぜなら、HDDと基板にはHDDを管理する、「サービスエリア領域」というものが存在するからです。

このサービスエリア領域は、HDDのプラッタ(円板)と基板のチップ内にそのHDDの管理情報を記録しています。違うHDDの基板を使って交換してしまうと、サービスエリア領域の情報が書き換えられて、永遠に復旧できなくなる可能性があるんです。 ⇒かなりのペナルティになります。

いろいろやってみても解決しなかった場合

それでも、BIOSで認識しない場合、結論から申し上げますと、BIOSで認識しなくなったHDDは、一般の方ではHDDを認識させることはかなり難しくなってきます。したがって、専門業者へ復旧の依頼を行うことをおすすめしますそれが一番確実な方法だと言えます

以上、「BIOSで認識しないHDDからの復旧はどうするの?」をご紹介しました。お役に立ちましたら幸いです。

データ復旧事業をやっていて感じていること

BIOSで認識しない障害でファーストリカバリーにご依頼をいただいた内容は、復旧設備で認識して復旧しているの(中度障害)が半分復旧設備で認識しなく一時的にパーツ交換して復旧しているの(重度障害)が半分です。お客様から状況をお聞きしますと、中度障害の方は、余りご自分で作業をされなかった人が多かったです。重度障害の方は、ご自分であれこれやられた方が多かったです。

私も自分で復旧する場合、復旧設備がなくてパソコンだけでの復旧は、軽度障害以外、不可能ですね。どうしても頼りになるのは、復旧設備(PC-3000)と分解技術です。

重度障害の場合の復旧料金は、どうしても高額になってきます専門家からの意見はあれこれいじくらないで、データ復旧サービスをご利用された方が、結果的にお安くすむと思います。
ファーストリカバリーは復旧料金が他社様にくらべて、とても安価な復旧会社です。ご納得いただけると思います。

最後に、今からでも良いですので、パソコン内のデータは、外付けHDDでも良いですので、定期的にバックアップされることをお勧めします
バックアップ先は、クラウドでも良いですね。クラウドの契約容量にご注意くださいね。

 

BIOSで認識しなくなった復旧実績例

ハードディスクがBIOSで認識しなくなって、困ってしまった。HTS545050A7E380

Windowsのデータ復旧実績の事例をご紹介します。
ハードディスクの障害でお困りの方は、お気軽にファーストリカバリーへご相談ください。

hitachi2.5hdd

機種名 Panasonic Let’s Note 型番 CF-SX1
HDDメーカー HITACHI インターフェース 2.5SATA
HDD型番 HTS545050A7E380 容量/構成台数 500GB
症状 ハードディスクがBIOSで認識しなくなって、困ってしまった。
診断結果 初期診断としてOS、ファイルシステムのチェックを実施。
HDDに不良セクタの発生を確認しました。
作業内容 HDDを修復しながらセクタを全て抽出し、クローンを作成。
約99%以上のイメージ取得に成功後、論理領域の復旧作業を実施しました。
約20個のファイルをランダムにオープン確認をしましたが、開かないファイルはありませんでした。
結果 希望データ・・・Officeファイル、会計データ、画像データなど
復旧結果・・・全データの約78.1GBの復旧に成功。
復旧期間・・・作業開始より約5時間で復旧完了。

HDD復旧ページのご紹介

このサイトだけを見てお悩みの方、またはご自分で、解決出来なかった方へ

このページ「BIOSで認識しないHDDからの復旧はどうするの?」だけでは解決出来ません。

次のサイトをご覧いただいたらいかがでしょうか

HDD復旧ページの一部です。

データ復旧の大事なポイントをご存知ですか?

 

 

データ復旧の大事なポイントを3つご説明しますので、しっかりと目を通してください。

1.世界最高の復旧ツールを使用すること。

pc-3000express

ファーストリカバリーで使用しているのは、「PC-3000」です。

このツールは大手業者だけでなく、警視庁や政府機関でも使われており、世界最高の復旧性能を持っています。他のツールでは復旧できない障害メディアでも復旧できる強力なものです。

また、障害HDD4台を同時にリカバリー処理できますので、納期も非常に早くなっております。このような強力なツールが、データ復旧には必須といえます。

※弊社では、2017年11月 「PC-3000 Express with Data Extractor Express」を導入。

2.技術者に知識・経験・技術があること。

データ復旧では、技術者の技量がものを言います。なぜなら、HDDのトラブルは症状が同じでも、1件1件状態が違うからです。実際の作業では、それを見抜いたうえで、状態に応じた適切な処置が必要です。したがって、技術者には知識・経験・技術の3つが要求されるのです。

先ほど説明しました高性能ツールPC-3000は、使いこなせる技術者がいなければ、データ復旧がうまくいきません。PC-3000と技術者の両方がそろって、初めてデータ復旧は成立するのです。(もちろん、弊社には両方そろっていますのでご安心ください。)

これらの整った環境によって、弊社では復旧率93.7%とレベルの高いデータ復旧が行えるのです。

こちらで詳しく説明しています >> ハードディスクの復旧とは?

3.データ復旧費用が適正であること。

データ復旧の費用には、適正な金額があります。例えば、当社であれば500GBで2万円からとなっておりますが、これが大手の業者ですと500GBで10万円ということもあり得ます。金額自体に大きな差がありますが、どちらも適正です。なぜなら、コストを回収できる最低限の額だからです。

ところが、金額が異常に高い場合と安い場合があります。高額な業者は利益を取りすぎですし、激安の業者は高性能ツールを導入していない可能性が高いでしょう。つまり、データ復旧は高価だから技術力が高いというわけではありませんし、逆に安価だからお得というわけではないのです。

ちなみに弊社は、格安の業者として考えるとかなり高度な技術を有していますので、一つの目安にしていただけると思います。

料金表はこちら >> データ復旧料金のご案内

▲目次へ移動

こんな誤解をされていませんか?

 

多くの方が、以下の5点のような誤解をされています。

HDDは修理できる?

HDDは修理できると、お思いではありませんか? 実は、修理できないんです。なぜなら、あまりにも精密すぎるために、事実上使い捨てとなるからです。そのため、損傷したHDDはデータ救出後、廃棄することになります。(メーカーも修理はできず、交換で対応しています。)

このような事情があるため、データ復旧作業では新品のHDDをバックアップ用HDDとして必要になります。(ご自分でご準備いただくか、こちらでご用意したものを使用します。)

ご参考:HDDの修理は不可能なこと、おわかりですか?

データ復旧は自力でできる?

「データ復旧ぐらい自分でできる」とお思いでしょうか? 実は、状態によってできる場合とできない場合があるのです。論理障害といわれるデータの不具合であれば、市販のソフトを使用することで復旧できるでしょう。しかし、物理障害(故障)が発生した場合は、自力での復旧は不可能なんです。

物理障害の場合は、専門の技術者による応急処置(分解して)が必要になります。したがって自力での復旧は、論理障害なら可能ですが、物理障害は不可能だといえます。

何社か回って見積もりを取った方が良い?

何社か回って、見積もりを取った方が良いとお考えでしょうか? それはお勧めできません。というのも、見積もり診断のたびにHDDに通電するからです。物理障害の場合は、動作させるたびに状態が悪化する可能性があります。前の会社で認識していたものが次の会社では認識しなく、重度障害になることもよくあります。したがって、何度も通電すると復旧不可能になることも予想されます。

見積もり依頼の前にネットでよく調べて比較し、良い復旧会社を探して、なるべく1社で済むようにすると、費用を抑えつつ確実に復旧できるでしょう。

復旧作業は何をするのかよく分からない?

「復旧作業は何をするんだろう、よく分からないなあ。」とお思いですか? 弊社ではそのような状況を作りません。作業計画・作業工程・作業内容を、常にお客様と共有しながらデータ復旧作業を行いますので、作業完了まで安心してお待ちいただけます。

疑問点があれば是非ご質問ください。専門用語を極力使わずに、わかりやすくご説明いたします。

私、堀川 孝志が直接、おわかりにならないことをご説明いたします。

どこの業者も同じようなもの?

「どこの業者も同じようなものでしょ」とお思いですか? 実はそうではありません。データ復旧業者の中には、「悪徳業者」と呼ばれるような業者が現実に存在しています。大した技術もないのに高額な費用を要求する業者が、まさにそれです。

金額がはっきりしない・納期がはっきりしない・情報を公開しないなど、不透明な業者はかなり怪しいと思ってください。優良な業者はすべてが明確ですので、悪徳業者に引っかかることがないようにご注意ください。

悪徳業者は、金額が高額になること以外にも、ございます。詳細は、言えませんが、とにかくご注意ください。

ご参考:「悪徳業者」という他たとえようがありません。

***参考にしてください。***

 

興味がございましたら、一度、ご覧ください。

どうしても、ご自分で手に終えなくなられた場合、どんなことでも相談にのります
現在の状況をお話しいただければ、何かが見えてくる可能性もございます
お気軽にご連絡してみてください。

 

メールによるご相談はこちらです。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

都道府県・市区
(都道府県と市区までの住所でかまいません。)

障害発生のメディア情報
   「その他」の場合は、装置名を下の欄にご記入ください。

障害内容・ご相談内容 (必須)
記入例:外付けHDD 1TBが急に認識しなくなり(異音なし)、復旧できますか?

※通信は暗号化されていますので、情報漏洩の心配なくご利用いただけます。

Follow me!