HDD復旧 エラー発生 フォーマットしますか? どうすればよいの?

>

 

ハードディスクから発生した「今すぐフォーマットしますか?」のエラーが発生

 

 

 

 

はいディスクのフォーマットクリックしてはいけません。

 

何が原因で「今すぐフォーマットしますか?」のエラーになるのでしょうか?

ハードディスク内部には、「プラッタ」という円板があります。プラッタの表面に障害が発生していると様々なエラーが発生します。

プラッタの表面に障害が発生しているから「今すぐフォーマットしますか?」のエラーが出てきます。

ハードディスクは自分自身の身を守るために、このようなエラーとして警告を発しています。もうこの状態は、最悪の状態と考えてください。

お客様の中には、「ご自分でどうにかならないか?」と考え、あれこれやられる方がありますが、復旧設備のない状況でやられることは、障害レベルがもっともっと悪くなります。
障害レベルが軽いうちに専門の復旧業者にお願いした方が結果的に安くすみます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「フォーマットしますか?」が発生したハードディスクには、このような「セクタ不良」が発生しています

 

直ぐに実施することは、

ハードディスクの電源を切り、パソコンからハードディスクを取り外すことです

ご自分でどうにかしたい場合は、短時間の作業で済ませることがポイントです

 

やってはいけないことは、

・復旧ソフトでの長時間のスキャン作業です。ますますハードディスクの状態を悪化させてしまう恐れがあります。復旧ソフトは、データを削除した、フォーマットしたなどの復旧作業に使用するものです。

 障害の発生しているハードディスクを復旧ソフトでスキャンしますと24時間以上かかることが多いです。ハードディスクが悪化していますので、長く時間がかかります。(通常、1TBのスキャン作業で1~2時間)

 何もしないと「中度障害」レベルで復旧可能なのに、このような復旧ソフトでの長時間のスキャン作業をしてしまうと、復旧設備でも認識しなく、重度障害に移行してしまうことがあります。

 

 

ご自分での解決は、不可能に近いと考えます。

ファーストリカバリーは比較的安価な復旧費用でデータ復旧を実施しておりますので、「フォーマットしますか?」HDDからのデータ復旧が必要な場合、是非、お問い合わせください。

 

お客様がこのような障害にあわれないように!!

そのために、このような記事を作成してホームページに掲載して、一人でも多くの方に見ていただき、ご自分で解決出来ることを祈っております。

お客様におかれましては、不意の出費になりますので、少しでもお役に立てればと常日頃から考えております。
まだ軽度障害でしたら、復旧費用をお安く出来る可能性がございます。何かお困りのことがございましたら、是非、ご相談してください。

 

また、弊社では、もちろんHDDの復旧の依頼を承っております。

大変リーズナブルな価格で復旧サービスを提供しております。

もし、ご自分で復旧するのが不安な方、パソコンについてあまり詳しくない方などいらっしゃったら、

無料相談も行っておりますので是非ご利用ください。 

TEL:0120-8414-29

URL:https://www.1st-recovery.jp/

 

ファーストリカバリーの復旧費用を参考にしてみてください。

HDD復旧費用

NAS復旧費用

RAID復旧費用

故障したHDDを無理にご自身で復旧しようとはせず、今すぐお問い合わせください。ダメージを受けたHDDは、電源を入れるたびに状態が悪化します。復旧作業が遅れるだけでなく、データ自体も復旧が難しくなる恐れがありますので、使用を中止してすぐにお問い合わせください。

 

データ復旧は、ワンチャンスです。

何社もの診断は避けて、良い復旧会社1社に絞るべきである点です。
なぜなら、弱ったHDDは通電のたびに症状が悪化する恐れがあるからです。したがって、何社も渡り歩いて診断を受けることは、極力避けるべきなのです。

  1. 1社目で通電しHDDを診断(この時点では中度障害)
  2. 2社目で通電しHDDを診断するも認識しない(重度障害)
  3. 以降、3社目4社目と認識しない。(どの会社でも重度障害と認定)

このように、もともと中度障害だったHDDが2社目以降で認識しなくなり重度障害と診断されます。すると、どこの復旧会社でも重度障害という診断になり、高額な費用になることが予想されます。ほとんどの業者では、中度と重度の復旧費用が全く違うのです。

当然、重度障害の復旧費用は、10万円を超える会社が多いでしょう。したがって、安い会社を探して「はしご」するようなことは避けるべきなのです。かえって費用がかさむばかりか、最悪の場合データ復旧が不可能になるかもしれません。