宣伝費を抑えた低価格、成功報酬と明朗会計の安心感、最高の復旧ツールと経験豊富な専門家による高品質なデータ復旧サービスを提供。

LANDISK HDL-GT1.0 がRAID崩壊し、リビルド失敗、使用不能になった。ST3250310AS

  • HOME »
  • »
  • LANDISK HDL-GT1.0 がRAID崩壊し、リビルド失敗、使用不能になった。ST3250310AS

RAIDのデータ復旧実績の事例をご紹介します。
ハードディスクの障害でお困りの方は、お気軽にファーストリカバリーへご相談ください。

landisk

 

機種名 LANDISK 型番 HDL-GT1.0
HDDメーカー Seagate RAIDレベル RAID5
HDD型番 ST3250310AS 容量/構成台数 250GB×4台
症状 LANDISKを社内のファイルサーバとして使用していた。24時間稼動。
LANDISKにeSATAで接続の外付けにバックアップ実施の際、本体の障害が発生→管理画面でRAID崩壊になってしまった。
LANDISKの中には、社内全体の経理資料・総務資料などが入っていて困っていました。
診断結果 初期診断としてOS、ファイルシステム、RAID情報のチェックを実施。
ディスク#2,#4に不良セクタの修復が必要であることを確認。
ファイルシステム・RAID構成情報の一部に破損を確認しました。
作業内容 ディスク#2,#4を修復しながらセクタを全て抽出し、クローンを作成。
クローン化したHDDからRAID情報を抜き出し、RAID再構築実施。
LANDISKのFileSystemであるXFSのノード解析を行い、消失部分を検証。
FileSystemの整合性を検証して、全てのデータ領域の検証後、データの抽出を行い、無事復旧完了。
結果 希望データ・・・会計データ、Excel、Word、パワーポイント、バックアップデータなど
復旧結果・・・全データの約190.97GBの復旧に成功。
復旧期間・・・作業開始より8時間で復旧完了。

zitsu-hdd

RAID復旧に関する詳しい説明は、RAID復旧ページをご覧ください。
また、データ復旧に関するQ&Aお客様の声製品別データ復旧など豊富な情報をご提供しているファーストリカバリーの他のページもご覧ください。

top-018


top-019

top-014

お気軽にご相談ください TEL 0120-8414-29 24時間365日受付対応

PAGETOP
Copyright © ファーストリカバリー First Recovery All Rights Reserved.