hdd物理障害の復旧費用は、いくら位になるのか?

★その答えは、様々です。★
復旧費用は、それぞれの復旧会社が独自に設定しているため、様々なのが現状です。
例えば、
A社は都心にかなり広めの物件を借りていて、従業員も大勢いたとします。しかもネットの広告も上位で広告単価も高いと予想されます。
会社は利益が上がらなくては、会社を運営していけませんので、当然、客単価も自ずと高めになってきます。
B社は都心の駅から離れている物件を借りていて家賃も安く、従業員も10名前後で、広告も出しているとします。
法人なのでそこそこの復旧費用になってくるものと考えます。
C社は賃貸費用も安く、人員も少人数で個人事業主で、復旧設備も使用していません。
当然、復旧費用も極端に安く設定することが可能ですが、復旧設備(一般的にPC-3000)を持っていない復旧会社では「認識しないHDD」の復旧は不可能に近いと考えます。
おそらく認識してくれと何回も通電するものでしょう。何回も通電すると、益々HDDの状態は悪化していきます。
D社はかなり古いビルに入っているので賃貸費用も安く、人員も数名で運営。広告も出していない状態です。
当然、損益分岐点はかなり低く抑えられるので、復旧費用も低く設定可能です。
★大きな会社に依頼しますか? それとも、小さな会社に依頼しますか?★
ポイントは、その復旧会社に依頼して、安心できるか、きちんとしたサービスを提供してくれるかが重要と考えます。
プラスして、復旧費用が安価なのかどうか、です。復旧費用が高額でしたら話しになりません。
お客様が知りたいのは、「信頼・安心」という点だと考えます。
弊社が常に考えていますのは、「お客様に良いサービスを提供して、喜ばれるようにしょう」という点です。
結果が良ければ、口コミによるご紹介も増えてきます。広告費をかけずにお安く復旧できるよう常に考えています。

何社もの診断は避けて、良い復旧会社1社にすべき

★その理由★
何社も「初期診断」を依頼すると、復旧会社は、初期診断でHDDを復旧設備に接続して、検査のために通電します。
1社目で認識していたHDDも、2社目以降では認識しなくなる可能性があります。
どこの復旧会社でも、中度障害と重度障害では復旧費用が全く違ってきます。
当然、重度障害の復旧費用は、10万円を超える会社が多いでしょう。
仮にですが、1万円で復旧します(1万円以下もあるかもしれません)とネットで見つけたとします。
まず、その会社は、どんな方法で復旧しているのか? 復旧設備(PC-3000)は使用しているのか、などを調べてみては如何でしょうか?
復旧設備のPC-3000は優れもので、BIOSで認識しないHDDも認識することが多いです。
しかもHDDには、HDDを管理するサービスエリア領域というものがあります。サービスエリア領域に障害が発生していた場合、専門の復旧設備でないとサービスエリア領域の修復は不可能です。
1万円のような安い会社に依頼して、認識しなく復旧不可で返却になり、実際に弊社へ依頼されて、初期診断の結果、重度障害だった例もございます。
よく熟慮されて、復旧会社を選び、まずは、電話で問い合わせをしてみるべきです。

弊社では、専門の復旧設備PC-3000を使用していて、様々な高度な復旧まで対応しております。

HDD、RAIDなどのデータ復旧実績多数
データ復旧に関することなら、親身になりご相談をおこなっています。
お気軽にご相談くださいネ。(^^)


top-014
お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

都道府県・市区
(都道府県と市区までの住所でかまいません。)

障害発生のメディア情報

障害内容・ご相談内容 (必須)


この記事を読まれた方で、ご質問のある方は、ご遠慮なく、ファーストリカバリー(0120-8414-29)までお問合せ下さい。作成者:堀川孝志