データ復旧するかしないかの判断は?

 

ハードディスクが故障してしまうと、慌ててしまい、データ復旧会社を吟味せずに、ネット検索で調べた1つの復旧会社に持ち込むこともあるかと思い、よくその会社を考察してからにしませんと後で高額料金の見積が出て、キャンセルしなければならなくなるからです。

そのためにも、落ち着いて、ご自分のことの記憶をたどることや、復旧会社を念入りに調べて、最終的に決断されることをお薦めします。

復旧会社への依頼は、何社も依頼しない方が復旧の可能性が高まります。
復旧会社は、依頼されると都度、初期診断のため、通電するため、何社にも依頼すると状態悪化をまねきます。

復旧会社への依頼は、復旧会社を見定めて、1社で決めた方が、結果的に、お安く復旧できる確率が高まります。

復旧するかしないかの最終判断は、重要データの有無、復旧に要する日数、復旧費用、リスクと信用だと考えます。

 

障害が発生したハードディスクに、「重要データはどんなデータが入っていたか」記憶をたどります。
 →重要データが無い場合は、復旧を諦めることも重要です。

このハードディスクには、「重要データが入っていた」と判断した場合、データ復旧を依頼する復旧会社を探さなければなりません。
下記、手順で進めてみましょう。

復旧のタイムリミット

 

今回のハードディスクからの「データ復旧」をデータ復旧会社に復旧してもらう『タイムリミット』を考えておく必要があります。
・それは、直ぐにでも必要なのか?
・1週間くらい期間がかかってもよいのか?
禁句:データ復旧会社になるべく早く復旧してください、とは言ってはいけません。
データ復旧会社では「なるべく早く」と言われると、「特急サービスの扱い」になり特急サービスはそれなりに費用が加算されてしまいます。
復旧会社では、急ぐとなると、夜間作業や現在実施している復旧作業を止めてまでも復旧体制を考えなければならないからです。
復旧会社と復旧日数に応じた復旧費用を相談した方がよいです。

参考までに、大手復旧会社では、特急料金は、通常復旧料金の2倍になっているところが多いようです。
中にはお客の足元を見て、高額な復旧料金を言ってくる会社もあるようです。
 ファーストリカバリーでは、お客様とご相談して対応させていただいております。2倍なんていうご提示はしておりませんので、ご安心ください。

 

復旧に要する費用は

ハードディスクの復旧費用は様々で、多種多様に及びます。

ネットで検索してみると、

A社では、
500GB未満 5,000円~、1TB以上 25,000円~(広告有り)
B社では、
復旧費用の表示が全くありませんでした。(広告有り)
C社では、
軽度の物理障害 29,800円~49,800円(税抜き)。
重度の物理障害 98,000円~248,000円(税抜)(広告有り)
D社では、
中度障害 140,000(税抜)。(広告有り)
E社では、
データ復旧費用 39,800円(税抜)(広告有り)
F社では、
一律一万円(広告なし)

以上のような結果でした。

参考までに、ファーストリカバリーでは、
通常物理障害 30,000円~50,000円(税抜き)。キャンペーン物理障害 25,000円(広告なし)
ファーストリカバリーの復旧費用は、軽度障害などお安くしたいので、幅を持たせてもらってます。

 
この中に「見せかけの復旧費用」と感じるところがありそうです。

一般的な見解になりますが、お伝えしておきます。

広告を出している会社では、広告宣伝費があるため、高額になりがちです
全く復旧費用の表示がない復旧会社は、高額になる可能性を含んでいます。
復旧費用で5,000円~で上限が見えない会社高額になる危険性を含んでいます。
復旧費用が安くても、追加費用が発生する可能性もありそうです。
復旧費用が極端に安くて復旧設備も持たない会社は、軽度以外の復旧ができないようなので危険と考えます。

 

ビデオカメラの復旧について

ビデカメラの復旧も、ハードディスク復旧と同様なことが言えます。

広告を出している会社では、広告宣伝費があるため、高額になりがちです
全く復旧費用の表示がない復旧会社は、高額になる可能性を含んでいます。
復旧費用で5,000円~で上限が見えない会社高額になる危険性を含んでいます。
復旧費用が安くても、追加費用が発生する可能性もありそうです。
復旧費用が極端に安くて復旧設備も持たない会社は、軽度以外の復旧ができないようなので危険と考えます。

ハードディスク内蔵ビデオカメラの物理障害
・軽度障害以外は、復旧設備を持っていない復旧会社では、ハードディスクが認識しないことが多く、復旧が難しく、重度障害に移行することが多いです
物理障害の復旧費用は、10万円以上(他社)しています。ファーストリカバリーでは、大手の半額程度で復旧しています

メモリ内蔵ビデオカメラの物理障害
電源が入らないやモニターで操作不能などの場合、ビデオカメラを分解しての復旧になるため技術のない復旧会社では復旧が不可能に近いです
物理障害の復旧費用は、10万円以上(他社)しています。ファーストリカバリーでは、大手の半額程度で復旧しています

 

リストと信用など

 

リスク

情報漏洩とは、どんなことがあるのでしょうか?

・復旧会社の作業している人が依頼者の承諾なしに、復旧したデータを外部に流してしまう。

・復旧した「復旧作業結果報告」を別の人に送ってしまう。

・復旧して荷物を全く違う人に送ってしまう、などが考えられます。

要は、社内の管理規定が存在しているかいないかと、その規定が厳格に守られているかです。

ファーストリカバリーでは、復旧したデータをお客様に到着後、7日間厳重保存し、7日間経過後、速やかにデータを完全消去しております。

そのデータに取り扱いは、限られた人員で管理しております。

法人様などで、心配な場合は、『秘密保持契約書』にご用意しておりますので、お申し付けください。

 

依頼者側の心配事はどうでしょうか?

qa2_5-02
復旧したデータを依頼した復旧会社に見られてしまうか心配です。

qa2_2b-02
 データ復旧会社では、復旧出来た場合、復旧したデータが生きているか、破損していないかをピックアップして確認しています。

復旧したデータを極力見ないようにしていますが、最低限のチェック作業は必要となります。

qa2_5-02
情報漏洩した会社はどこの会社なのでしょうか?

qa2_2b-02
数社、それらの情報は存じ上げていますが、営業妨害に該当しますので、お教え致しかねます。

qa2_5-02
情報漏洩のリスクをどのように回避したらよいのでしょうか?

qa2_2b-02
 ・データ復旧会社のホームページやネットの情報などで、安心できる復旧会社なのか調べてみる。

・依頼する方の考え方にもよりますが、最終的にはご自分での判断になります。悪徳な復旧会社には依頼しない方がよいと考えます。

 

信用できる会社なのかどうしたら判断できるのしょうか?

 

信用できる会社かの判断は?(私の個人的見解ですのでご注意ください。)

・問い合わせたら「急がないと復旧できなくなる」、と言われた決して、急がなくても、そのままの状態でしたら、復旧できなくなることはありません

・復旧会社に依頼したら、50万円と言われ、『お金がない』と言ったら、半額の25万円まで下がってきた。⇒虚偽の診断の可能性もありそうです

・その復旧会社のホームページに「復旧費用」(特に上限)が記載してあるかどうかです
全く復旧費用の記載がない会社もありますので、注意する必要があります。

あまりにも安い会社では、軽度障害以外は復旧できない可能性がありますので、注意が必要です

重度物理障害まで、対応している復旧会社かどうかなのかです。何度も言いますが、復旧依頼は、1回で決めることが重要です

・最終的にホームページだけでは、判断できませんので、電話で問い合わせて、どういう回答をしてくるのかを考察し、判断しては如何でしょうか

 

如何でしたか、以上のことがお客様の参考になればと考えています。

是非、たくさん調べてみてください。

 

 

 

弊社では、専門の復旧設備PC-3000を使用していて、様々な高度な復旧まで対応しております。

HDD、RAIDなどのデータ復旧実績多数
データ復旧に関することなら、親身になりご相談をおこなっています。
お気軽にご相談ください。


top-014
お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

都道府県・市区
(都道府県と市区までの住所でかまいません。)

障害発生のメディア情報

障害内容・ご相談内容 (必須)


この記事を読まれた方で、ご質問のある方は、ご遠慮なく、ファーストリカバリー(0120-8414-29)までお問合せ下さい。作成者:堀川孝志