まずデータ復旧とは「何らかの原因で無くなってしまったデータを元通りに戻す」ということです。この作業は高度な技術が必要な時もあれば、簡単に復旧できる時もあります。このデータ復旧について、少し説明していこうと思います。

データはちゃんと残っている!


 

 

 

 

データを削除する場合たいていごみ箱を利用しますよね。
しかし、実はごみ箱を空にしてもデータは残っているんです。

HDDはすべてこのプラッタという場所にデータが書き込まれるようになっています。ごみ箱で空にしても、画面上からは消えますが、プラッタには見えないデータがあるということになります。なので、このプラッタから復旧ソフトなどでデータを取り出すことが可能なわけです。ただし、すべてのデータが復旧可能というわけではありません。
そして、データを削除してしまった際、絶対にやってはいけないことが1つあります。

それはデータを新たに上書きすること。

これだけは本当にやってはいけません。データを削除したら、データは残っていますが、コンピュータはその場所を新たなデータを書き込んでいい場所として認識します。その場所に上書きされると今まで残っていたデータが無くなり、復旧が大変難しくなります。これはHDDだけではなく、ビデオカメラやSDカードなどすべてのメディアにいえることです。今後、データ復旧の依頼をお考えのお客様はお気を付けください。

 

データ復旧と修理はまったく違う言葉!

よくお問い合わせのときに「データの修理をお願いします。」とおっしゃるお客様がいらっしゃいます。しかし、データの復旧と修理では言葉の意味がまったく違います!
データ復旧とは、データを最優先で取り出すこと。

つまり、万が一HDDが故障する事態でもデータの安全を最優先で守ることを意味しています。

では逆に修理とは故障する前のように動作的な機能の回復を最優先で行うこと。

つまり、データの安全を優先せず、データが無くなってもHDDが元通りに機能することを目的としています。動作的な機能の回復を目的としているのならば、初期化してしまえばいい話です。ですから、メーカー様やパソコン修理業者様に依頼のとき、「データが無くなる可能性もありますが、よろしいですか。」と聞かれることがあると思います。これはデータ復旧ではなく、修理だから聞かれることなのです。弊社だけに限らず、データ復旧専門の業者様はデータの安全を最優先に考え、復旧していると思いますので、「必ずデータの復旧をしてほしい」という方はデータ復旧専門会社に依頼することをおすすめ致します。

 

いかがだったでしょうか。
この記事をお読みの方でもし、現在データが無くなってしまってお困りの方がいらっしゃるのであればぜひファーストリカバリーにお問い合わせください。まずお持ちの故障しているHDDなどの機器の現状を知るためにも、無料診断を受けてはみませんか。どのように故障しているかきっちり説明致します。料金も初期診断の際にきっちり説明致します。その料金を聞いて、依頼するかキャンセルするかお決めになられてはいかがでしょうか。勿論キャンセル料は無料です。お問い合わせお待ちしております。
top-014

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

都道府県・市区
(都道府県と市区までの住所でかまいません。)

障害発生のメディア情報

障害内容・ご相談内容 (必須)